クラミジアの完治と自然治癒

放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!

風俗などでクラミジアに感染する男性が激増しています。放置すると他の感染症への感染率が非常に高くなってしまうので早めに対策を!気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

クラミジアの完治とは?自然治癒することはあるのでしょうか?

クラミジアは完治すれば再発することはないといわれています。その意味では治しやすい性感染症といえるでしょう。ただ、この完治が難しい病気でもあります。患者が勝手に治ったと思い込んで治療を途中で辞めてしまうケースが非常に多いのです。

 

クラミジアの完治は症状があらわれなくなったり、投薬後の検査で陰性になっただけでは認められません。もともと自覚症状に乏しい病気ですから、症状がなくなっても治ったとは限りません。また例え検査で陰性になってもまだ治癒が不完全でクラミジアがまだ体に潜伏している可能性があります。

 

そのため、医療機関では抗生物質による投与を行い検査で陰性となった後、改めて3〜4週間ほど後に再検査を行いその段階で問題ないと判断できた時にはじめて完治と認めることにしています。この最後の再検査を面倒くさがって受けない人が多く、残っていたクラミジアが再度発症して「再発した」と言い出すケースが見られるのです。

 

なお、クラミジアは自然治癒しません。もしかしら自然治癒するのではないか、と期待して放置してしまう人も見られるようですが、そのような期待は被害を拡大するだけなのでやめましょう。まれに自然治癒したように見えるケースもありますが、それは風邪薬など他の疾患で抗生物質を服用した際にその効果でクラミジアが治った特殊なケースです。症状があらわれた場合には必ず検査を受け、完治と認められるまで治療を受け続けることが絶対条件となるのです。

こんなに簡単ならもっと早くやってれば…STD(性感染症)研究所の郵送検査

感染しているかすぐに調べたい!この際気になる症状をまとめて調べたい…クラミジアのチェックと検査はこちらから

こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査