クラミジアの検査方法

放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!

風俗などでクラミジアに感染する男性が激増しています。放置すると他の感染症への感染率が非常に高くなってしまうので早めに対策を!気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

男性のクラミジアの検査方法はどのようなものでしょうか?

クラミジアに限らず、性感染症の厄介な点は検査や治療を受けるのを躊躇ってしまう点にあります。疑われる自覚症状があらわれた場合でも医療機関に赴くのが嫌だ、検査を受けるのが恥ずかしいとの思いからついつい放置してしまったり、症状を見て見ぬふりをして済ませてしまうことが多いのです。とくに男性は女性に比べてその傾向が強いよいに思えます。

 

では実際に男性がクラミジアの検査を受ける場合、どのような検査方法が行われているのでしょうか。

 

検査方法にはいくつかの種類があります。ただ、基本的には男性の尿や尿道の分泌液を採取したうえで行う点で共通しています。つまり患者の負担として尿を採取されるのが大半となるわけです。

 

具体的に検査方法を見ていきましょう。まず「PCR法」。この方法は採取した検体を温めては冷やすを繰り返すことで菌の検出を行う方法です。感度が非常に高い検査方法として広く用いられています。それから「ハイブリッド・キャプチャー法」。現在広く用いられるようになっている方法です。郵送で検査をしてもらうことができる検査キットも注目されていますが、そこでもこの方法が用いられることが多いようです。PCR法は感度が高い一方、まだ発病していない段階でも陽性になってしまう問題がありますが、こちらの方法ではその心配がありません。

 

どちらの検査方法でも男性の負担はそれほど大きなものではありません。膣から分泌液を採取する女性に比べればはるかに負担が少ないといえるでしょう。それだけにクラミジアの症状があらわれた場合にはできるだけ早く検査を受けることが求められるのです。

こんなに簡単ならもっと早くやってれば…STD(性感染症)研究所の郵送検査

感染しているかすぐに調べたい!この際気になる症状をまとめて調べたい…クラミジアのチェックと検査はこちらから

こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査