クラミジアの放置

放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!

風俗などでクラミジアに感染する男性が激増しています。放置すると他の感染症への感染率が非常に高くなってしまうので早めに対策を!気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

男性がクラミジアを放置するとどうなるのでしょうか?

男性のクラミジアは女性に比べて症状が出やすいといわれています。それだけに早い段階で適切な治療を行う必要があるわけですが、一方、男性は性感染症に関する意識が低いため、放置したままにしてしまう傾向も見られます。それによってパートナーの女性に感染させてしまう恐れがあるほか、本人にもさまざまな問題が生じる可能性が出てきます。

 

では男性がクラミジアを放置してしまうとどのような問題が生じるのでしょうか。まず尿道炎の悪化。排尿時の痛みや白い膿などが現れるようになります。この段階で感染を疑って治療を受けるのが基本なのですが、放置しておくとクラミジアがさらに体の内部にまで進行していきます。そうなると尿道を通して深部にまで達し、前立腺炎や副睾丸炎といった症状を起こします。

 

前立腺炎も症状に乏しい病気として有名ですが、副睾丸炎の方は精巣の腫れや痛みといった症状が診られるようになります。睾丸に触れてみて痛みや違和感を感じるようになった気をつけましょう。また前立腺炎の場合、残尿感や下腹部の不快感といった症状が見られるようになります。さらに前立腺炎、副睾丸炎両方とも症状が悪化すると発熱をもたらすこともあります。

 

他にも精液に血が混ざる血精液症にまで発展することもあります。これは前立腺炎から進行することが多いのが特徴です。

 

このように、男性がクラミジアを放置しておくと深刻な病気を引き起こす恐れがあります。そうならないよう、早い段階で対策を行うことが求められるわけです。

こんなに簡単ならもっと早くやってれば…STD(性感染症)研究所の郵送検査

感染しているかすぐに調べたい!この際気になる症状をまとめて調べたい…クラミジアのチェックと検査はこちらから

こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査