クラミジアの感染経路

放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!

風俗などでクラミジアに感染する男性が激増しています。放置すると他の感染症への感染率が非常に高くなってしまうので早めに対策を!気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

クラミジアの原因と感染経路とはどのようなものでしょうか?

クラミジアは感染率が非常に高い性感染症といわれています。現在もっとも患者数の多い性感染症とも言われています。では何が原因で発症するのでしょうか。

 

原因はクラミジアトラコマティスという菌が原因です。この菌が人から人へと細菌感染を起こすことで発症します。怖いのは不特定多数とセックスをする人に感染するとその人を通して多数の人にどんどん被害が拡大してしまう点です。

 

では感染経路はどうなっているのでしょうか。もっとも多いのがセックス。基本的には感染者との粘膜の接触が感染経路となります。さらに体液も重要な感染経路、精液や膣の分泌液を介して感染するケースも非常に多いので注意が必要です。なお、コンドームなど避妊具で感染を防ぐ方法もありますが、必ずしも万全な予防方法とはならないこともあるので注意しましょう。

 

もうひとつ、感染経路として注意しなければならないのがセックス以外の粘膜の接触によって感染すること。とくに女性に多いのがオーラルセックス。男性の性器から喉へと感染するケースが非常に多いのです。咽喉のクラミジアは風邪との区別が難しいなどとくに自覚するのが難しいので厄介です。それからクンニリングスで感染することもあります。

 

最後に、妊娠中に感染すると母子感染によって胎児の健康に重大な影響を及ぼす恐れがある点も知っておくべきでしょう。こうした原因と感染経路を知ることでクラミジアの怖さを知り、予防と治療の大切さを確認することができるはずです。

こんなに簡単ならもっと早くやってれば…STD(性感染症)研究所の郵送検査

感染しているかすぐに調べたい!この際気になる症状をまとめて調べたい…クラミジアのチェックと検査はこちらから

こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査