性感染症

放置するとエイズ・淋病などへの感染率が5〜8倍に!

風俗などでクラミジアに感染する男性が激増しています。放置すると他の感染症への感染率が非常に高くなってしまうので早めに対策を!気になる症状があるけど病院に行くのは…という方はSTD(性感染症)研究所の郵送検査が便利!周りに知られることなくコッソリ検査、結果もパソコンや携帯から知ることができます。国の認定事業者だから安心で確実です。

クラミジアのチェックと検査はこちらから

性感染症Q&A記事一覧

クラミジアを予防するには?

クラミジアは感染力が非常に強い性感染症です。そのため予防する際には日々の生活の中で適切な方法をしっかり踏まえておく必要があります。基本はセックスをしないこと。ケジラミやカンジダ症などのようにタオルや衣服の接触を通して感染することはないため、性交渉による粘膜の接触を控えることで感染を防ぐことが可能です...

≫続きを読む

クラミジアに罹ると他の感染症にも罹りやすくなる?

クラミジアが厄介な性感染症といわれるのは感染率の高さと自覚症状の乏しさ、そして他の性感染症への感染リスクの向上といった特徴を備えていることです。感染率は50〜80パーセントとも言われており、感染者と性交渉を行った場合には極めて感染するリスクが高いことになります。しかも自覚症状に乏しいため感染の事実に...

≫続きを読む

クラミジアの自宅検査の方法とは?

クラミジアの感染の有無は医療機関での検査だけでなく、自宅で自分で確認することもできます。検査キットと呼ばれるものを使用するもので、医療機関での検査を抵抗やためらいを感じている人が手軽に感染の有無を判断できる手段として注目されています。この検査キットを使用した自宅検査は郵送を活用したものです。妊娠の検...

≫続きを読む

クラミジア自宅検査で注意する点とは?

クラミジアへの感染の有無を自宅で調べることができるようになりました。ネットで申し込んで検査キットを郵送してもらい、自分で体液や粘膜を採取することで簡単に行うことができます。しかも検査も陽性・陰性の判断も匿名で行われるため、個人情報の漏洩や周囲の人たちに知られてしまうといった心配もありません。クラミジ...

≫続きを読む

クラミジアに多いピンポン感染とは

クラミジアの治療でもっとも注意が必要といわれるのがピンポン感染です。50〜80パーセントとも言われる高い感染率を持つクラミジアだけに、せっかく治療してもすぐに他の人から再感染させられてしまう点が大きな問題なのですが、ピンポン感染はその再感染がもっとも起こりやすいケースなのです。簡単に言えばパートナー...

≫続きを読む

なぜ梅毒が増加?

梅毒は性感染症の一種ですが、クラミジアや淋病といった感染者が非常に多い病気に比べてそれほど恐ろしい印象をもたれていません。過去には世界中で多くの感染者を出したことから「昔恐れられていた性感染症」といった過去のイメージがもたれている面も少なからずあります。しかしここ数年この梅毒の感染者が増加しており、...

≫続きを読む

こんな症状があったらすぐ検査!

性感染症検査